WorodPressにGoogleMapをShortCodeで挿入するプラグインを自作してみる

Apiキーの取得

今回はGoogle Map Apiを使用するのでApiキーの取得が必要になります。 まずは、Google Maps APIs for Webへアクセスします。

「キーを取得」をクリックします。

apikey01_03

作業手順のポップアップ画面が出てきます。

「続ける」をクリックします。

FireShot Capture 10 - ウェブ向け Google Maps API  I  Google De_ - https___developers.google.com_maps_web_

Google APIsの画面が出てきます。 アプリケーションを登録するプロジェクトの選択で「プロジェクトの作成」を選択、

「続行」をクリックします。

gmapapi3_03

Google APIsの認証情報登録画面が出てきます。

プロジェクト名も含めここからの情報は後から変更や削除が可能なので特に気にせずに、

「作成」をクリックします。

gmapapi4_03

APIキー作成画面が出ます。

「閉じる」をクリック

gmapapi11

APIキーが作成されました。

gmapapi6_03

Apiキーの確認

GoogleMap Api キーを確認したい場合やHTTPリファラーなど各種設定の変更などを行う場合はGoogle API Consoleで行えます。

Google API Consoleを開くと以下の画面になります。

「認証情報」をクリックしてください。

google map api 認証情報

以下の画面に変わります。

「名前」をクリック。

gmapapi6_03

以下の画面になります。ここでHTTPリファラーの設定を行います。

「HTTPリファラー(ウェブサイト)」をチェックしてください。

google api httpリファラー

 

HTTPリファラーの設定

この設定を行わないとあなたのApiキーを誰でもどんなWebサイトでも使用できてしまいます。一応設定を行っておきましょう。

設定例

ワイルドカード( * )が使えますので * を使ってURLを設定します。

*.example.com/*  www等のサブドメインがついた example.comと下位のURL

example.com/*  example.com と下位のURL

Apiキーの説明は以上になります。

次のページから実際のプラグインの説明に入ります。

0

コメントして下さい

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です